ナッシュビルT.O.M

珍しい?ブリッジが手元に来たので比較です。

Les Paul Standard 2015等に使用されているナッシュビルT.O.MブリッジとKTS PR-06set
ナッシュビル比較

違う箇所
・Gibsonは2015モデルから六角レンチで弦高調整ができるスタッドになったためスタッド穴の直径が1mm程度大きくなっている。※
・Gibsonはサドルセンターに弦溝加工が施されている。
・Gibsonはブリッジ裏に「A P I」の刻印あり
※2015モデル以降のGibsonナッシュビルT.O.MからKTS PR-06setに交換する際は付属のスタッドを使用してください

続いてサドル
A面
DSC_0990 (1280x848)
B面
DSC_0985 (1280x848)
製法の違いから、加工キズの付き方が違います。
形状も若干違いますね。

互換性はありますので、KTSサドルへの交換は可能です。

さて、気付いた方もいると思いますが、写真のGibsonT.O.Mの1弦サドルだけ白いですね。
もちろんオリジナルではありません。
DSC_0997 (1280x848)
このサドルはあの「京セラ」さんが開発中のセラミック製のサドルです。ネジが入る部分はチタンですよ。
今度、テストさせていただけることになったので、楽しみです!!