Taku Sakashta

Taku Sakashta

彼はギター製作家。

ロベンフォードのギターは彼の手によるもの。

アメリカに渡り、素敵なギターを作り続けてきました。

今後、彼の新作は世にでることはない。

私にとってはギター作り?(姿勢かな)を教えてくれた先生だった人。
スポンサーサイト

もやし

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

先日、パフォーマンスギターのチーフエンジニアの方が日本にいらしたので、お会いしてきました。
毎年NAMMではお会いしていたのですが日本で会うのは初めて。
楽器製作に対する考え方など色々と聞けて有意義な時間をすごさせていただきました。
当然、アメリカでのH5N1の状況なども聞きましたよ。
忙しい中、時間を作っていただいてありがとうございました。

話しは変わりますが、
不況だとモヤシがよく売れるとのこと。
安いし嵩マシできるから。

生産が間に合わなくて、廃業した工場なども利用して生産されているらしいです。
我家では世の中の情勢など関係なくモヤシをよく買いますが、、、、安いし

もやし

育ってます、、、、

okahiroさん

先日、DENIALのVo,Gのokahiroさんとお話ししてきました。
かれこれ9年くらいのお付き合いになります。
去年、THE SHE'S IN PARTIESというバンドを新たに結成したり、曲を書いて提供したり、誰か?のバックで演奏したりと精力的に活動していらっしゃいます。
会うとギターの話しばかりです。
私も楽しいので2,3時間くらいあっという間に過ぎていきます。

今回は最近、購入したというSQUIER DUO-SONICを見せていただきました。
このギター小さくてかわいらしいです。僕も台所用に1本欲しいなぁ~(私はKitchenPlayerなのです)
DUO-SONICに関してはokahiroさんのblogココとかココに書いてあるので見てみてください。

DUO-SONICにはKTSチタンサドルのテレキャス用のサドルPR-08PR-08quattroが取り付け可能です。
この2機種、同じテレキャス用といってもサイズ(体積)がまったく違うので、当然、音も違います。
今回、okahiroさんには両方お渡ししてテストしてもうらうことになりました。
早速、PR-08を取り付けた感想を書いてくれています。きっと後々、PR-08quattroを付けた感想も書いてくれると思いますので、楽しみですね。(催促ではありません)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。