チタンサドル

韓国製T.O.Mブリッジ

tom韓国製3種 (↑写真はTiサドルに交換済みのものです)
今回、韓国製のABRタイプT.O.Mブリッジが3つ揃ったので、検証してみました。
画像多めです。
3種同じように見えますが、別物です、、、
外寸、スタッド穴間隔はほぼ同じで、ギターへの載せ替えは無加工で出来るでしょう。

まず、一番上の。
最近のものですね。
bm002 
裏面 BM002
bm002裏 
サドル
bm002サドル 
右側が4,5,6弦用。サドルの下側が欠けている左方が1,2,3弦用。
弦溝の形状が違います。
※対応チタンサドルはPR-05EP(単体売り無)
 

次、真ん中の。
これも割と最近のもの。上のとは異なるメーカー製
SUNG IL BM002 
裏面 
SUNG IL 
BM002  KOREA
SUNG IL BM002裏 
サドル
SUNG IL BM002サドル    
コチラも弦溝2種類
※対応チタンサドルはPR-05EP(単体売り無)

んで一番下の。
ちょっと古いと思います。
SUNG IL 
裏面 
SUNG IL 
SUNG IL裏 
サドル
SUNG ILサドル 
これも溝違いで2種
対応チタンサドルPR-01

このように外見は同じでもサドルサイズやメーカーが違ったりするので、対応サドルの特定が難しく、KTSとしては悩ましいですね。

オマケ
ナッシュビルタイプも入手できたので
BM003 
裏 BM003
BM003裏 
バラしたトコ
BM003バラ 
オクターブネジの固定はEリング
※残念ながら対応チタンサドルはありませんでした。
このナッシュビルタイプも別のメーカー製(韓国)のもあると思われます。
ムムム


スポンサーサイト

FenderのAmerican Special Mustang にTiサドル取り付け

FenderのTOMタイプのブリッジ(Adjusto-Matic)は今まで取り付け実績がなく対応するTiサドルが不明でした。
今回、お客様のご協力もあり、対応サドルが判明しました!
DSC_0282.jpg

今回のFender American Special Mustangに付いていたブリッジはナッシュビルタイプで裏面に「A P I」の刻印があるものでした。
(写真↓は今回のブリッジではありません)
P_20161022_200936_LL (800x450)
現行Gibsonのものと同等品ですね。

ですから「PR-06」がバッチリ対応しました。
DSC_0281-2.jpg

メーカーによっては必ずしも弦溝がサドルのセンターあるとはかぎらないので「PR-06」には弦溝がありません。
楽器に合った弦溝加工が必要です。
このギターはサドルのセンターでOKでした。

このブリッジは6角レンチで弦高調整が出来て便利ですね。

KTSパーツの小さなこだわり②

スプリングの話し

前回のネジよりさらにマニアックなこだわりです。

KTSパーツに使用されているスプリングはネジ同様、全てステンレス製です。
錆び対策です。
どれも共用できないので、パーツの種類分、スプリングの種類があります。
大変です。

さて、写真↓のスプリングですが、左と右で何が違うか判りますでしょうか?
DSC_0165 (1280x881)

簡単ですね。巻方向が違います。

日本では左側の右巻が主流です。

今まで採寸してきた、ヴィンテージを含むFenderパーツが左巻でしたので、KTSでは流通品を使用せず、すべてのスプリングを左巻きで特注しています。大変です。

「どっちでもいいじゃん」と思う方も多いはずです。
実際、使用するのに巻方向は影響しませんし、音にも関係ないでしょう。

でも、たま~に気が付いてくれるお客様がいて、私の心の中で「ヨシッ!」と思う瞬間のための左巻スプリングです。冗談です。

チタンというギターには馴染みの無かった素材を使ってパーツを作っているのに、こういう部分はトラディショナル!な違和感がたまりませんね。

以上、やっぱりお前のこだわりかよ! でした。

KTSパーツの小さなこだわり①

ネジの話し

KTSパーツに使用されているネジは全てステンレス製です。

「なぜチタンのネジにしないの?」とよく聞かれます。
チタンとチタンでは摩擦や負荷等でかじり付きやすく、楽器部品として機能しなくなってしまう恐れがあるからです。
※かじり付きとは、、、摩擦熱等によりその部分が溶けた状態になり、固着してしまうこと
詳しくはgoogle先生に聞いてください

KTS初期のパーツには鉄製のネジが使用されていましたが「チタンは錆びないのにネジが錆びてちゃ、なんかなぁー」と思い、錆びにくいステンレスを採用することになりました。
当然、コストも上がります。特にインチ規格のネジは輸入するしかないので、とっても割高なのです。

今回はその割高なインチネジに関する「こだわり?」をご紹介します。

写真↓はオクターブ調整用の小ネジ(#6-32)です。
ネジの頭の形状が左右で違いますね。
左 Pan Head(ナベ頭)  右 Round Head(丸頭)

ねじ頭

一般的にはPan Headのネジが主流ですが、エレキギター(Fender社)ではRound Headが多く使われています。


KTSパーツのインチオクターブネジはギター用ベース用共に右側のRound Headを採用しています。(ミリ規格ネジはPan Headを使用)

Round Headを採用している理由は、、、、

[音には影響しないトコですが、なんか見た目にカッコいい] と私が思っているから
です!

以上  結局、おまえのこだわりかよ! でした!!



でも大事なポイントだと思ってます

PR-17

しばらく欠品させてしまった「PR-17
お待たせしてしまった方々、申し訳ありませんでした。

たくさん注文をいただいてたので、ただいま勢威組立中です!!
PR-17


KTSのTIサドルはすべてKTS UPGRADE HOUSEにて検査、組み込み、出荷しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。